toron,toron.

とろんとろんと。

 

布団の中で、夢と現実と妄想と未来の境界をとろんとろんに溶かしたくなる。

溶けることって気持ちいいな……と思う時期。

 

2年ほどまえに、溶けることが気持ち良くて、また溶けたい欲求が強すぎたので

溶けたいというのは人類の本能に違いないなんて想っていたのだけれど、

その翌年には、ガツガツ期が訪れたので、「溶けてたまるか、ぼけぇ!」なんて思っていました。

 

そして今、また溶けたい期……。

 

結局手抜きなんだと思います。

短絡的にらくに、気持ち良くなりたい感じ。

布団に入れば、らくに気持ち良くなれるから、入りたいんだと思います。

アルコール中毒と似たような原理な気がします。

 

しかし午前4時半なので、布団に入りたくて当たり前な気もします。

 

 

最近、ネットで色々なものを見て回れる程度には、回復したなって思います。

というか、それすら出来なかったって相当だったな、と思いました。

何だったんだろう、ほんと……。あの具合の悪さ。

少しずつ具合がよくなってきてるし、9月に入れば時間が増えると思うので、しっかり前に向けて進みたいです。

きちんと自分の人生を行きたいです。やるべきことをやっていないと具合が悪くなるよ。

昨日。

昨日は家族関係の用事で名古屋へ行ってきたです。

最寄りの都会です。

 

東京の友人なんかが名古屋に来て「味仙行ったよ!」と報告してくれたのに

当のわたしが食べたことなかったという、その味仙へ行ってきました。

すごく辛いんだけど、にんにくの出しがきいていておいしかったです。

ただ、すこし食べるだけで唇がひりひりしてきたので、わたしには完食はむりでした。ミニサイズだったのに!

一緒に頼んだチャーハンと餃子は安定感のある美味しさでしたよ!

 

∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴

 

睡眠>創作になってしまってる問題は、

この夜は少しだけマシだったよ。

創作というか、シナリオのお仕事……なのですけどね!

最低限度をこなすのでいっぱいいっぱいで、楽しめてないというのが一番のよくないところだと思っています。

ユーザーさんもそれを感じ取っておられると思うし……。

ユーザーさんのためにも、自分のためにも、そして運営さんのためにも……たのしく書きたいものだけど!

いつでも何でも楽しく書けたらいいんだけどなあ。

というところで、割と躓いているのかもしれない。

 

創作の元とか種とかいっぱい手つかずでごちゃっと放り込まれてる感があるので、

9月にはこれを整理してなんとかしたい。

そして年初から書いてる作品もとりあえず初稿を完結させたい。

おそらく推敲たくさん出ると思うけど。今はとりあえず書かないとなあ。

 

シナリオ、楽しんでがんがん書けるようになりたいな。

 

まるまる。

せめて日記くらいは毎日書こうと思って始めたこのブログだったのだけど

折角読者登録して頂いている方もいるので、ひとりごとにもならずに済んでいてすごくありがたいこの場所だと言うのに……。

書けてないという。

なんか。あれよね。8月の魔物。解る人には解るかもですけど。

去年までは体力を削って乗り越えていたんだけどね。

もう体力と気力が残っていないのか……。

 

 

睡眠時間を前のように削ったら、次の日は眠くて吐き気……という有様なのでちょっともう、寝た方がいいのかな。と寝に逃げたり。

6月くらいに何かがぽきっとおれて。

いつもは、家が散らかっても散らかってもめげずに綺麗に掃除出来ていたんだけど

なんか、「きれいにしよう!しなくちゃ!」みたいな気持ちがぽきっと折れて、

埃の中へ沈んでゆきました。

 

その頃といえば、創作意欲もなにもなく……

というか正確には、自分の感受性の一切が信じられずに、すべてゴミとかみたいに思えて、表現する価値がないと感じていて、

それで、なにも作りたいものがない……みたいになっていました。

そこからはゆるゆる復活出来たんだけど。

 

原因は色々とわかっているのだけれど。

自信がなくて情緒不安定で、自分と向き合いすぎて色々自己否定ばかりしてしまったこととか。だめな自分が出てくる場面がとても多かったんだと思います。

 

 

抑鬱状態がつらくて、少し寝たら直るから5分眠ったり10分眠ったりしてるうちに布団から出られなくなってきたりして、調べたら鬱の症状っぽかったけど怠けのような気もするし。

 

なんというか、今までは「明るい未来のために、がんばろう!」ってやることリストをしゃきっとつくって、精力的にこなせた方だったんだけど

それが出来なくなってしまっている現状だ。

 

頑張って突っ走りすぎたのかなあ。

仕事ではよくこういうことやって、それで1年くらいで疲れ果ててやめちゃったりするんだけど。

 

 

突っ走ってた期間は……

10歳くらいの頃からといえばそうだし、

ここ最近の、といえば4年くらいはこんな感じだったし

その休養…と思って自分を許せばいいのかなと思いつつ焦る。

こんな日々もきっと長編小説のネタになるのだろうけど! そう信じてる……。

 

 

 

ひとまず、レッドブルでも飲んでまた書くサイクルへ自分を持って行けば

戻っていくかしら。

もしくは9月になれば、時間が出来るからそうすればペースが戻るかな。

 

 

夜になると眠くてもう何もしたくなくなるんだよ〜。

夜は眠るもの、といえばそれまでなんだけど。

もう、ね。21時〜7時くらいまで起きる気がしない……。夜中、何度も目を覚まして「やらなくちゃ……」とは思うんだけど。

布団の中で「もう少し眠りたい」と思って結局今日も起きられたのは7時過ぎだったよ。

 

昼間はすごく創作意欲に溢れていて、割とやる気で、色々と描きたいし書ける!って感じなんだけど、物理的な時間がとれなくて、

「書きたいな〜書こう〜書けるよ〜」とにこにこしてるうちに21時になって、目が回って眠っちゃう、って日々。

なにこれー!

 

まあいいか。

今を楽しむことだけが大事なのかもしれない。

 

それにしても。わたしは多分、時間の使い方が下手なんだと思うし。

心の中がとっちらかってる気がするよ。

 

 

今ある幸せを大事にするよ。

もう少し、しゃっきりしっかりしたいな。

眠たい自分も、眠たくて書けない自分も受け入れるべきなのか。

しかし、鬱状態の原因って絶対に、書けてないことなんだよなあ。

ぶわ〜っと書けたら、おそらく解消すると思うんだ。しかし眠い。こころの中がとっちらかっている。

 

8月っ

f:id:hachikotan:20160816144636j:image

 

公園に行ったらものっすごい山でした。滋賀県すごい。滋賀めいてます、こんにちは。

滋賀の素材丸投げっぷりに毎度驚かされている気がします。

 

 

8月は体力低下と物理的に時間が取り難いってのが重なってなんか思うやうにいってない感じあるけど、

じわじわ上がってきてる感じもあるし。

そう、EDだったおちんこが少しずつふっくらできるようになったみたいな。

関係ないけど、男が気にするほど女は包茎気にしてないとおもんです。少なくともわたしは!

 

ほんとに関係なかったので、それはさておき。

何もかも疲れ切ってるようなそれが甘えのような、こう油粘土にくるまれてもがいてるようなやーな感じだったり

けどその中でじわりと隆起する意欲もあるのでこの体験がのちに生きるのよとか思ったりで。

 

そうそう。

わたしが絵の学校に行って、得たもので1番よかったなぁと思うのは、

絵に挫折したっていう経験だもんね。

大好きな幼馴染と当たり前に結婚すると思ってのに、幼馴染と長期旅行行ったらすれ違って仲がこじれるし、幼馴染にはもっと、ぴったりな人がいたし、ぼくら、憎いわけじゃないけど結婚できるほど近くに居られるわけじゃなかったね、みたいな。

そういう挫折感。

 

重さとか苦しさにまけずにそれを表現したらきっと自分も楽しいし、それで楽になってくれる人もいるんじゃないかなって思ってる。あー創作意欲。あるんだ。あるんだけど。

スマホに日記を打ち込むのが精一杯なのか。

身も心も強くなりたいし、もっと痩せたいし優しくなりたいし…はい。

 

それにしてもどんな意欲も希望になる。いきてく希望。欲望は未来のことだから。未来を行こうと思っている自分を信じられるというか。生きていけるって感じ。

 そして睡眠って割と死に近い気がしてる今日この頃。眠る以外のことでエネルギーチャージしたいな。

 

 

とかいって、悲壮感溢れがちだけど

人生順調なんだと思います!はい。

ただ思うように小説かけてないってだけの話です。

ループしてない。

少しずつ、前のように前向きに希望持てたりするようになってきた気がする。

希望にも絶望にも根拠はないのだから、希望を持って過信して生きていきたい。

幸せだと思えば幸せなのだから、幸せだと思っている。f:id:hachikotan:20160812181042j:image

 

日記を更新できなかったのは、まいにちが同じ話でループしちゃうな!きも!って思ったからです!

 

睡眠欲

睡眠欲が最も強い権力を持つ街。

 

睡眠欲をご本尊にまつる睡眠神社では、毎年眠り祭りが開催される。

 

睡眠欲の前では食欲も性欲も感謝も向上心も義理もなにもかも無力である。

 

睡眠欲はただ、今、この瞬間のみを人間へ突きつけ、そして今でも過去でも未来でもない世界へ人間を飛ばしてしまう。

 

恐れをなした古代人が、睡眠欲を鎮めようと神社に祀ったけれど、元々の力が大きすぎるのと、そもそも睡眠欲はなにも怒ったりしていないため、特に効果はなかった。

 

睡眠と戦うのか。共存するのか。はたまた屈服するのか。

 

ありのままのわたしなら、いったいどうするのだろう。

ありのままのわたしという人間をわたしは知らない。

いぬぼう

犬も歩けば棒に当たるらしいので

とりあえず歩かなくちゃ何にも当たらないよね。

がんがん動いて、いっぱい頭をぶつけよう。きっと星が見えるね。