雨に唄えば。

f:id:hachikotan:20160622205824j:plain

ギターケースを背負っている女子は萌えるなんて話があるけれど

それよりも真っ赤なキーボードを背負ってる子の方が萌えるって思った私は

通販でキーボードを手に入れると、その中に演奏パターンをいくつも入れて

ボタン一つで伴奏が発動するように仕掛けて、駅前で歌うことにした。

「どうかわたしに萌えてください!!!」

そう書いた段ボールのプレートを首から提げて。 

 

21時の大瀧駅北口は人通りは少ないがないわけではない。

迎えの車を待つ人や、駐輪場に向けて足早に行く人々がいる。

音楽の断片くらいなら、きっと彼らにも届くだろう。

 

 わたしは駅前のロータリーで、キーボードをセッティングすると演奏を始めました。

 

 

双極性障害なんて言われても、わたしはわたし今まで通り

 

お薬を、飲まずにいたらご迷惑、かけてしまって、ゴメンねナイト。

 

雨降りが、わたしをうつにするのかな?

それとも薬が合ってないのか

 

いや違う。

死ぬほどお掃除したならば、ふわふわにやり

明るくなったよ

 

 

昔から、自意識過剰のフェイクだと

思っていたけど診断げっつ。

 

これからは、自信を持って『変なの』と

言えるわわたし、『あたま変なの!』 」

 

 

繰り返し同じ歌詞を違うメロディーで歌う。

この場合、わたしは同じ歌を歌っていることになるのだろうか?

よくわからない。

この曲はY’s SONGというタイトルだ。

ワイの歌。そういうことだ。

 

不意にわたしのつむじにぽつりとしずくが落ちた。

かと思うと、手の甲と鍵盤にもぽとり、ぽとりとしずくが落ちて来た。

雨が降り出した。

このまま歌い続けようかどうか、迷っているうちにわたしの服は下着までびしょ濡れになってしまった。

 

 

 

<了>