読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

lucky

diary

今日は朗報があったからラッキーデー。

 

新しいことをやるには、技術以前に心構えだとか方向性みたいなものを決めることが必要で、新しいことが上手いこと形にならなかったのはそこらが足りなかっただけみたい。つまりかっこつけたりとかしようとしてたし、環境もまだ整っていなかった。

作品を作るために必要な時間は、何も実際の作業時間だけじゃなくて、書こうと思っているものごとを消化する時間だとか腹をくくるための時間も必要だなあと思う。この半年間わたしはいつも、毎日のように自分に鞭打つように、とにかくお前は何なんだ、と向き合って来たのでそこらは手を抜いているつもりはないけど、でも……何というか、こういう時間がむだにならなかったらいいなと思う。いや、むだにならなかったらいいな、じゃなくてこれを生かすしかないんだよね。

過去の評価なんて今の感じ方で幾らでも変わる。今が変われば過去の色味なんて簡単に変わってしまうのだ。小説を書いていない自分はほんとうにダメで友達とも上手く話せなくなってしまう。

ここでがっつり楽しい長編小説が書きたいです。