読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

気分転換のための日記

diary

文章を書いている気分転換のために、別の文章を書くと言うことは確実に存在するのである。

WEBに日記を書くより、小説書きは黙って小説で表現!とか思ってたんだけど、なんとなくついったーで垂れ流すくらいなら、長文日記の方がいいかなと思って始めたこのブログ。いい感じで逃げ道になっていると思います。

作業前などの、アサイチで更新すると割とすかっと気持ちよい。

そういえば、むかしむかしはいつも起床一発目に30分以上かけて日記をぱこぱこ打っていたものだ。あの頃は、cgiだったけれど。たしか。

 

あまり深く考えずにこうやって文章を書くのはよいです。リズムのようなものが整います。それから、自分を形に為ると云うことは大変な癒やしになります。みなさまご存じでしょうか。ご存じかと存じ上げますが!

 

先日ストレスだの抑鬱状態でなんだかもう苦しくてうーん!と人に相談したときに、

「自分自身とちゃんと繋がって!」ということを言われまして、

おそらく、こうして文章として自分を形にすることで、自分と繋がれるのだと思うのです。

自分を形にすることで、何度でも眺める。

何度でも眺めることで、何度でも自分と繋がっている。

日記や小説なんて、わたしにとって鏡のようなもんで、それゆえ必要不可欠なのかなって今思いました。

鏡を見ることで、自分のコンディションってわかるものですからね!

 

なんというか、まだ上手く言えないですけど。

年始あたりから取り組んでいる小説は、素材大杉で着地点がなかなかぐらぐらで上手くまとまってないです。でもうまく見せられたら絶対面白いと思うので、なんとか形にしたい。2ヶ月以内には……。

文章を書くことを少しおろそかにしていました。

もっといいものをつくりたい、という気持ちすら余計な欲だったみたいで、やっぱり無欲で書くのが一番。

小説とか文章を書くことで、いつも自分と向き合えたり、人生とかそういうものとはなんぞや、なんてことのこたえの裾が見えるような気がしてます。

小説書くの大好き、文章書くの大好き。大好き、大好き、大好き、大好き!

 

 

ところで、よくいくミスドで店員さんたちに常連認定されていたようで、2000円福袋を行くたびにすすめられてしまいます。

紅茶飲むだけでも割安になるからどうぞ、と。

つまり2000円のコーヒーチケット感覚で、みたいなことなんですが。

たしかに使えてしまいそうだけど。使えない可能性もあるわけですごく迷います。

しかも、残念ながらリラックマのグッズはわたしには不要なものなので……。

それにしても迷う迷う。ドリンク何を飲んでも1杯あたり200円になる計算ということでした。う〜ん。