読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

双極性障害と診断されたけど、誤診だった模様。(1)

はじめに

2016年の5月〜7月頃に、心療内科双極性障害(Ⅱ)と診断されたんですが、

誤診だったと思われる話を書きます。

 

患者本人が「誤診だった!」なんていうと、それこそ病人特有の判断力不足っぽくて怪しいんですが、わたしに関してはどうもそんな気がするので、そのことをお話してみたいと思いますよ!

 

 

きっかけ

そもそも別件で心療内科に通っていたんです。

「人が待っていると思うと、どうしようもなく焦ってパニクる」とか

「怒ってる人がめちゃくちゃ怖くて心身共に硬直する」とか

「*二人以上に同時に話しかけられたり、音がうるさいと精神的にめちゃくちゃ疲弊して、横になって起き上がれない」とか

※二人以上に同時に話しかけられる=我が家では毎日の光景

 

そういうことで,精神的疲労と動悸が激しいので、これをちゃんと治そう!と思って

2015年の11月頃から心療内科に通い始めていたのでした。

 

診断名はついてませんでしたが、漢方薬の加味逍遥散というお薬を処方されることで、

症状は落ち着いていました。

当初、担当医も「これをのんびり飲んで行くことで、緩やかに回復するのを待ちましょう」という話をしていたように記憶しています。

というのも、わたしも「いつまで服薬すればいいのか」「服薬以外に、認知療法だとかカウンセリングなど、他に自分に出来ることはないのか?」と気になって訊ねたからです。

担当医からの答えを受けて、長期間……年単位での漢方薬の服薬を覚悟して、わたしはこの症状を治そうと決意をしたのでした。

 

 

 (つづく)